いちご農園ミライバナびわ湖ファーム

\ いちご狩りご予約はこちら /

いちご農園ミライバナ
びわ湖ファーム
2018年よりいちご農園の運営をスタートしたミライバナが、
2021年9月より滋賀県守山市に【イチゴ狩り】が楽しめる農園としてオープン致しました!
“小さな子供でも安心して食べられる美味しいいちご”をお届け致します!
2021年12月24日よりいちご狩りのご予約を受付開始致しました!

いちご農園で働く蜂の安全性について

はじめに 蜂の安全性について

こんにちは!

いちご農園ミライバナです。

今回は蜂の安全性について紹介いたします。

先ずはじめに、いちご農園の蜂は危なくないの?

ミライバナ農園の蜂について

いちご農園のハチはとてもおとなしいクロマルハナバチなので安全です。

こちらからイタズラしない限り、人を襲うことはめったにありません!

この記事では農園で働く蜂の安全性について紹介します。

是非最後まで読んでいただき、働き者のハチさんと仲良くなって、楽しいイチゴ狩り🍓を楽しんでください!

いちご農園で働く蜂について

いちご農園ミライバナで毎日一生懸命働いてくれているのは「クロマルハナバチ」さん。

このハチさんが花の蜜を集める際に受粉してくれることで、美味しいイチゴができるのです。

多くのいちご農園のハウス内で見られる「ハチ」さん🐝

「ハチ」って聞くと、ちょっとドキッとしますよね。

「イチゴ狩りは大好きなんだけど、蜂怖いし、行くのやめようかな…💦」

イチゴ狩り行ってみたいけど、蜂に刺されたりしないかな…😨」

今ミライバナ農園のホームページを見ていただいている方の中には、そんな方もいらっしゃると思います。

 

僕達はとてもおとなしいハチです。
いじめられない限り、人を襲うことはありません!

続けて私達のいちご農園で働く、働き者のハチさんを紹介させていただきます。

ハチさん紹介

いちご農園ミライバナではマルハナバチさんが受粉のお仕事をしてくれています!

マルハナバチは全部で3種類あります。

マルハナバチの種類
  • エゾオオマルハナバチ
  • セイヨウオオマルハナバチ
  • クロマルハナバチ

エゾオオマルハナバチは北海道原産の蜂で現在は北海道のみでしか使用を許可されていません。

体長は11mm~22mm。特徴はお尻の毛が黄色:黄色い丸特大:になります。

セイヨウオオマルハナバチは欧州原産で主にオランダやベルギーで使用。人類で初めて家畜化に成功された蜂です。

体長は10mm~20mm。特徴はお尻の毛が白色:白い丸:になります。

いちご農園ミライバナびわ湖ファームでは「クロマルハナバチ」さんに毎日頑張って働いてもらっています!

クロマルハナバチさんについては以下で詳しくご紹介していきます✨

クロマルハナバチ

クロマルハナバチ

クロマルハナバチは日本で個体が作られていて、日本の農家の60%以上の人がこのハチを使っています。

体長は19mm~20mm。

特徴は全体を覆うモフモフの軟毛と、オレンジ色:オレンジの丸特大:のお尻がチャームポイント💕

モフモフの毛と、コロンとしたシルエットから「飛ぶヌイグルミ」なんて言われることもあるんだ~♪

性格はとっても温厚でおとなしいんです。

アシナガバチスズメバチは多少の刺激があっても威嚇してきたり、襲ってきたりすることはあります😨

おとなしいと言われているミツバチでも、音や振動により勘違いして襲ってくる可能性は無くはないのですが、クロマルハナバチはさらに穏やかな性格なので滅多に襲ってくることはありません💕

農園内の蜂と仲良くすごすために

いちご農園ミライバナ

農園内のハチさん達のお仕事を邪魔しないようにするためには、以下についてご協力をお願いいたします!

僕達からのお願い
  • 巣箱を触らない
  • ハチに急に近づかない
  • 手で追い払わない

巣箱を触らない

巣箱はハチさんのおうちです🏠

巣箱を叩いたり衝撃を与えたりすると、敵が侵入してきたとハチさんは勘違いして攻撃してくる可能性があります( ゚Д゚)

また、巣箱の近くで走ったりするのも地面からの振動が伝わって、ハチさんはビックリしてしまいます😲

ハチに急に近づかない

ハチさんに急に近づいたり走ってきたりするとビックリしてしまいます。

ハチさんは攻撃されてしまうと勘違いして不審者を退治するために襲ってくる可能性があります。

また、ハチさんを追い払おうと手で払ったりするのも、攻撃してきたと思われてしまいます。

攻撃されそうだと感じたら、そ〜っとその場を離れるようにしてください!

おとなしいハチが刺すのは仲間も守るため

普段おとなしいマルハナバチさんたちが針で攻撃をするとき、同時にその命を落としてしまいます。

ミツバチやマルハナバチの針は一度刺すと抜けない形になっていて、針を抜こうとするとお腹の内臓も一緒に外に出てしまい命を落としてしまいます。

自分の命を掛けて仲間を守る行動なので、よっぽどの危険を感じない限りは自分の命を落として攻撃するような行動をすることがありません。

小さくともかけがえのない命。

農園で頑張るハチさんを刺激しないよう、そっと見守るだけにしましょうね✨

マルハナバチに刺された時の対処法

おとなしくて愛らしいマルハナバチさんですが、それでも絶対に攻撃してこないとは限りません。

もし農園内のハチさんに刺されてしまっても、慌てないで下記の手順で対処するようにしましょう。

ミツバチに刺された時の対処法

① 針を抜く
② 毒を吸い出す。もしくは指で毒を絞り出す
③ 水で洗う
④ 虫刺され薬を塗り、絆創膏を貼る
⑤ 幹部を冷たいもので冷やす

とはいえ、刺されたら慌ててしまうと思いますので、農園のスタッフに声を掛けてください。

まとめ

今回は農園内で働くマルハナバチさんについてご紹介しました。

ミライバナ農園の蜂について

いちご農園のハチはとてもおとなしいクロマルハナバチなので安全です。

こちらからイタズラしない限り、人を襲うことはありません!

ハチってちょっと怖いなあ…なんて不安を感じていらっしゃる方にとって、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

農園内で働くハチさんたちは、お客様のいちごを一生懸命育てているスタッフの一員✨

いちご農園ミライバナへご来場の際は、一生懸命なハチさん達をそっと見守りつつ、美味しいイチゴをぜひご堪能くださいませ♪

ご予約お待ちしております。

\ ご予約はこちらより /

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URL Copied!