BLOG

#14 朝採り市場@さざなみプラザ

今日も雨の中、大阪市北区の長柄橋で開催されている朝採り市場さんに行ってきました~。いや、そんなにふってなかったです。コサメですね。
この前行ってきた豊崎じんじんで出店されていた朝採り市場さんがここでも出店されていました。おー。
こないだはどうもお世話になりました!

014

八幡から八尾の農家さんへ

20180320_020148755_iOS

八幡のスポーツアベニューにある朝採り市場はじんじん同様今月で終わって、来月から八尾の農家さんに変わるそうです。 ガラッと内容変わるでしょうね~
この日は天候が良くなかったので、きているお客さんもまばらでした。さざなみプラザ自体が団地みたいなとこで高齢者の方が多く、皆さん残念がっておられました。愛されてるな~

 

あらためてなんで農業やりたいのか考えてみた。
農業の現状を知らなくて、ちょっと覗いただけでやばいなって感じた。新しい風を吹かせないと。
シンプルに、新規就農者を増やしたい。就農者が増えない続けれないのは、農地が借りにくい体制であることと金銭的なところが大きく2つあるとおもう。どちらも全然対策されてなくて(されてないというか足りていない)、仕組みを変えないと僕らがなんぼゆうても増えることはないやろう。その為に自ら新規で就農してわだちにならないとっておもってるし、今新規就農者の55%がいちごを希望している中、需要の高い作物で利益を出していくビジネスモデルとしてありたいともおもってる。
個人会社関係なく、お金を稼がないと生活できない。ニュアンスの違いやけど、その先にあるものややりたいことを実現させるために利益を生み出さないといけない。いちご農家の方にいちごはいいよ~っていわれるけど、そうじゃないとやってない。
ちゃんと育てれるかの心配とか、企業参入の不安とかあるでしょうけど、言い方悪いけど何も変わらないままその土地が死ぬまでそんなことを言い続けるのか。
もちろん農業が簡単やとは思ってないし、会社や従業員が肩にのっかてる分必死でやるに決まってる。色んな方の苦悩ややりがいを聞いていてやっぱりすごい可能性をひめてるんやなっておもう。

春になったら、芽はでるのでしょうか。