BLOG

#16 あたまでっかち

016

最近温かかったり、寒かったり、昼飯インド料理屋で久しぶりに辛めのインドカレー食べて体調崩してはいませんでしょうか。
昨日の夕方に毎週水曜日に淀屋橋でやっているodona×大阪マルシェ ほんまもん
いってきました! 祝日と天候不良も重なって人はまばらでしたが、先週行ったときに話きいてもらったりしたのでこの日もお邪魔させていただきました。

新規就農10年目

この日お話しさせてもらったのが、「GreenGroove」(グリーングルーヴ)の代表の方で、新規就農10年目だそうです。もとは普通のサラリーマンで、実家は農業も何もやってなかったそうです。 境遇が似てるっ・・!

GreenGrooveは大阪府和泉市で、水耕栽培・養液栽培・露地栽培の3つの栽培方を品目によって使い分け、ヨーロッパ野菜・国内外の希少野菜を中心に様々な野菜の生産・販売・加工を行っているそうです。
また地元若手農家団体「南大阪ネクストファーマーズ」のメンバーの野菜、その他の近隣農家の野菜も集めて売っていたりと色んなことに取り組んでおられます。
お昼過ぎにはおそらく夜の営業で使うであろう、イタリアンやフレンチの料理人さんが野菜を買いにくるそうです。珍しい形や光によって表情をかえ、字のごとく料理に華を添える。淀屋橋ならではに思えました。

「GreenGroove」代表の中島さんは境遇の似てる私にとても親身になって話を聞いて頂けました。おっしゃるに、「とりあえず色々考えんと、まずやってみ」その一言で少しふっきれたような気がしました。行政に不満をもったり、根回ししたりも大事やとは思うけど多くの農家さんがおっしゃるようになんでもええからとりあえずやってみることが一番の近道なんかも知れないですね。

とりあえずは今進めてる農地を借りることに注力して、そういう考えにシフトするのも一つだと思いました。