BLOG

73.ハウス建設等にかかるお金の借り入れ♪(2018年7月25日)

ston

私たちは約2.5反の農地を借りることができます。※畑の形が台形であることもあり、ハウスの設置面積は1,3反程度になります。今回は初期費用として掛かる金額と返済計画について簡単にまとめてみます♪

初期費用3,000万円!さぁどうする!?

ここでは包み隠さず綴るつもりなので是非参考にしてもらえればと思います。ハウスや中の設備費、人件費等を加味すると初年度の費用は総額3,000万円程度となります。うちの方でも事業計画を作成しましたが、いくら単価の高いイチゴと言えども、生産販売で1.5反程度であれば、相当な努力が無いと黒字転換は無理です。
単価や経費をいじって予算を組むのですが農業程シビアな数字になる業種はなかなかないなと感じています。

で、この3,000万円というお金をどこから捻出するか、自己資金、借入、農業系の補助金(助成金)など色んな手段はあります。私たちはいろんな問題があり新規就農認定が取れないので、自己資金と借り入れにて運用していこうと考えております。

今は日本政策金融公庫、北大阪信用金庫、三菱UFJ銀行、大阪シティ信用金庫の4行さんに来て頂きお話を進めています。私たちは別事業による収益がある為問題なく借り入れ出来ますが、個人で新規就農となるといきなりこの規模のハウスを建てるのは難しいですよね。。たくさんいる知り合いの農家さんを見ていても、収益の上がる農家=規模拡大となっており、この形をどのように良い方向に進めて行けるかが私たちの価値かなって考えております。この話はまた今度。