BLOG

66.実家で田植え(2018年6月18日)

jikka

本日は奈良の実家で祖父の手伝いをしてまいりました。写真をみると「手植え?」とビックリされる方もおられたかと思いますが、これは機械で飛ばしたところ(抜けがあったところ)を手植えしている様子です。祖父は几帳面な性格なので、毎年欠かすことなくこの作業を行います。「好きだからこそ出来る農業」を体現していると思います。

祖父の元気なうちに!

前にも書きましたが、祖父は今年で86歳になります。それでも田畑に毎日出かけ、愛情もって農作業に従事しております。そんなパワフルな祖父も年齢には勝てず、足を痛めたり耳が遠くなったり・・。
祖父が元気なうちに儲かってる農業を見せるという最初の目標は1日でも早く実現したいなって思います。その先にも様々な取り組みを行い、祖父もワクワクするような取り組みをしていきます。

結局、他の誰か(何か)に必要とされ、助け、感謝され、愛されることが、人にとっての幸せなのかなって思います。すみません、哲学強めになりました。笑