BLOG

4.勉強&作成中(2017年11月9日)

4

就農プロジェクトが始動して2週間が経ちました。中々更新できていなくていすみません。決してサボっていた訳じゃないですよ笑

就農する前に勉強する理由。

僕は、どっぷり農業の技術を身に着けて農家になる訳では無いので、主に法律や政治から見たマクロな視点で農業の改善すべきポイントを調べています※もちろん、イチゴの生育等基本的な部分については理解した上でです。

そもそも農業するのに何故そんな勉強する必要があるのかについてですが、
僕が勉強する理由は2つあり、①「農業の魅力をデザインし新規就農者を増やしていく。」という事業理念がある事、②コネなしの新規就農者のハードルが高い事を理解しているからです。
特に②については、相続する土地がある方や、農業を親から継承頂ける方はそれだけで大きな信頼を獲得できます。それこそ、一切農業について触れてこなかったとしても。
一方でコネも人脈も無い新規就農希望者には、農業との関りから確認する必要があります。
その時、つながりも一切ない中で信頼を勝ち取る唯一のものは「熱量」だと思っています。だからこそ、農業をする目的「理念」とその本気度「知識量や行動量」で信頼を担保していかないといけません。

新規就農を志す方には、僕のように繋がりも経験も何もない方もたくさんおられると思います。これまで情報収集をする中で、恐らく僕も含め農業未経験者が農業を行う為のハードルはめちゃくちゃ高いと思います。そこで、言い訳を並べて諦めるのか、乗り越える為に行動し続けるのは他でもない自分です。

農業は利益率も低く、儲かる産業では無い。
だからこそ、農業参入した法人の相次ぐ事業撤退が続いています。

でも人が生きるうえで欠かせない根幹の産業で、絶対無くなることはありません。

事業を継続する上で、売上利益は切っては離せない重要なファクタですが、
何よりも大切なのは想いです。想いが熱量を産み、その熱量が成功へと近づけてくれます。

何となく生きる人はそれなりの人生しか訪れないのと一緒で、
何となく新規就農を希望する人は、仮に就農出来てもほとんどが継続できないでしょう。

このブログを読んでくれている新規就農希望者の皆さん、熱く生きて農業界を盛り上げていきましょう!!

・・・熱くなりすぎ僕。寝ます。笑